ウェブデザインの仕事のオリジナリティと生産性

公開日: : デザイン

ウェブデザインの仕事をしていると、他社との差別化したサイト制作が重要になってきます。

でも、同じ職種だと、どうしてもサイトの構成が似てしまい、「○○会社のホームページとそっくり!」とか言われ、最悪クレームになったりするので怖いですね!

同じデザイナーが作ったり、デザイン会社の方向性だったりすると、同じようなデザインになります。

制作者側からすれば、制作する職種が同じ場合は、同じ考え方、同じ部品を共有化できたりするので、生産性が上がり時間短縮できるのも確か。

共通化すれば、仕事の効率も上がり、精度もあがります。

ただ、システムぽい考え方で、効率的ではありますが、どれも似たようなデザインになりますので、顧客にとっては複製したんじゃないか?と非難を浴びる結果にも。

でも毎回、1から作るってことは、時間もかかり大変なので避けたいところ。

どうすれば同じようなデザインにならず解決できる?

役割を明確にして、担当者別にきっちり仕事をすれば解決できるかと。

すべて一人でしようとすると、考え方が偏り同じ方向のデザインしかできないものです。

いろんな人を交えて自由に意見を言えることが望ましいですね。

ディレクターが方向性を決定

まずは、ディレクターが、サイトの方向性を決めます。

顧客からヒアリングし、顧客の強みを理解し、他社と差別化できるような構成を考えます。

考えた構成も一度社内でディスカッションしてから顧客に同意をとりたいですね。

同じ職種を複数サイト携わることにより、業界のことが詳しくなり、新規先では、提案もしやすくなることもあります。

デザイナーの役割

ディレクターの要求を受け、サイトのデザインを作成します。

主にビジュアル面を担当しますが、WEBサイトの使いやすさ(ユーザービリティ)、ページ推移なども考慮してデザインします、

同じデザイナーばかり使うと、どうしてもその人らしさの色使いや、レイアウトになってしまいがち。

同じ職種のサイトを作るときは別のデザイナーや外注に依頼することも必要ですね。

HTMLコーディング、システム開発

コーディングは、ブラウザで表示できるようにHTMLとういマークアップ言語を使用しページを作成します。

システムは、検索やお買い物や会員サイトなど利用者に入力してもらい期待する結果を与える仕組みを作ります。

デザインの裏方の作業なので、部品の共有化や、フレームワークを利用し、時間短縮できるところ。

ただし、サイトのコンセプトを第一に考えないと、同じようにサイトに見えてしまうので注意したいですね。

分業化でいろんな人の意見聞くのが大事

分業化することによって、いろんな人の意見があるので、デザインも多様化して差別化もしやすくなるのはと思います。

ただ、分業するということは、伝達を密にする必要があり、労力がかかります。

ひとりでやったほうが速いし楽って考え方もありますが、それでは、ますます属人化して同じようなデザインになってしまいます。

地方では、ディレクターからシステム開発までの工程を全部することもあります。

自分もそうですが、そろそろこのやり方限界かも。

サイトのオリジナリティをあげるには、いろんな人を巻き込んで仕事をすべきですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残業で終電で退社して、始発で出社するWEBデザイナーのつぶやき

フルマラソンから3週間が過ぎ、疲労も回復した今日この頃。 そろそろ本格的に走ろうと思った矢先に、残

記事を読む

デザイン学校卒の新入社員が即戦力にはならない訳は?

WEBデザインの仕事が忙しくて、人手不足だったので、デザイン学校卒の子を雇ってもらいました。 「や

記事を読む

さざれ石ブレスレットをつけながら仕事できるか検討?

輸入雑貨ショップ「MALAIKA(マライカ)」で、タイガーアイのさざれ石ブレスレットを800円で購入

記事を読む

コメントを残す

通勤(帰宅)ランのモチベーション(やる気)を維持するのは難しい。

通勤(帰宅)ランを始めてから3年が経ちました。 当初、サブ4を目指し

さざれ石ブレスレットをつけながら仕事できるか検討?

輸入雑貨ショップ「MALAIKA(マライカ)」で、タイガーアイのさざれ

no image
金沢マラソン2017抽選結果は?見事当選しました。

6月14日に「金沢マラソン2017」の当選結果発表がありました! ラ

第34回カーター記念黒部名水マラソンは、涼しく走りやすかったけど…

第34回カーター記念黒部名水マラソンに参加しました。 今年は「いっち

デザイン学校卒の新入社員が即戦力にはならない訳は?

WEBデザインの仕事が忙しくて、人手不足だったので、デザイン学校卒の子

PAGE TOP ↑