ランナーズアップデートは大会終了後、 大会結果のランナー検索になる

公開日: : 最終更新日:2016/11/23 ネット

大きなマラソン大会だと、「ランナーズアップデート」というサービスをランネットのホームページから利用することができます。

「ランナーズアップデート」とは、選手の記録をリアルタイムで検索できるサービスです。

選手の「名前」や「ナンバー」で検索すると、フルマラソンなら「5km」ごと「中間」「Finish」で結果の確認ができます。

リアルタイムなので、今どの地点を通過したかなどもわかります。

いつもでたっても、記録が更新されない場合は、◯km地点でリタイヤしたことまでわかってしまいます。

応援している家族や仲間の方が利用して、楽しむことができますね。

大会終了後しばらくであれば、サービスを利用ができたと思いますが、しばらくすると見れなくなります。

過去の大会の結果を参照したい場合もあるので、大会終了後もサービスを利用したいですね。

ランナーズアップデートは「大会結果」の「ランナー検索」になります。

なんとかして過去のマラソン大会の結果を見れないかな?と探していたところ、見つけました。

1、メニューの「大会結果&写真」をクリック

2、「新着大会一覧」の画面になる。

3、左上の「大会検索」から「大会名」を入力して「検索する」ボタンを押す

4、「大会検索結果」が表示されるので、参照したい大会をクリック

5、大会結果の「上位記録一覧」の画面になる。

6、左上の「ランナー検索」で、探したい人の名前、ナンバーなどを入力

7、「ランナー検索結果 」が一覧表示されるので、対象の名前をクリック。

8、「個人記録詳細 」と「タイムリスト」が表示されます。

ちょっとリンクが複雑で分かりにいですね。

この結果は「ランナーズアップデート」と同じだと思います。

「ランナー検索」機能は便利だけど、ちょっと怖いかも?

とても便利なサービスですが、他の人の記録まで見れてしまうので怖い気がします。

「そういえば◯◯さんも参加していたな。記録はどうだっただろう?」なんてことが簡単に調べられてしまうので、人によっては嫌がるかもしれませんね。

「◯◯さんタイムいくつだった?(本当は、知っているけど・・・)」なんて状況が良くあります(笑)

ナンバーからも検索できてしまうので、走っている写真(スポーツ写真サイト オールスポーツコミュニティ)でナンバーを探せば、個人名を特定することも可能ですね。

便利だけど、ちょっと改善の余地があるかな?と思えるサービスでした。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランネットの全日本マラソンランキングは、年齢別で何位かわかる!

ランネットで「全日本マラソンランキング」が新設されました。期間は2015年4月~2016年3月年で、

記事を読む

Stravaとガーミンコネクトを連携してみる

Stravaはランニングとバイクに特化したホームページとスマートフォンアプリを無料(一部有料)提供し

記事を読む

no image

ランナーのためのWEBマガジン、ラントリップがおもしろくてfacebookで購読しました。

ラン友がfacebookで「ラントリップマガジン」を「いいね!」していたので、思わず読んでみました。

記事を読む

楽天モーションウィジェットが「ブロックされたリソース」に。アクセス数が減少したので削除

最近ブログのアクセス数がすごく減少しました。 当ブログは、1日平均1000ページビューぐらいあるの

記事を読む

コメントを残す

通勤(帰宅)ランのモチベーション(やる気)を維持するのは難しい。

通勤(帰宅)ランを始めてから3年が経ちました。 当初、サブ4を目指し

さざれ石ブレスレットをつけながら仕事できるか検討?

輸入雑貨ショップ「MALAIKA(マライカ)」で、タイガーアイのさざれ

no image
金沢マラソン2017抽選結果は?見事当選しました。

6月14日に「金沢マラソン2017」の当選結果発表がありました! ラ

第34回カーター記念黒部名水マラソンは、涼しく走りやすかったけど…

第34回カーター記念黒部名水マラソンに参加しました。 今年は「いっち

デザイン学校卒の新入社員が即戦力にはならない訳は?

WEBデザインの仕事が忙しくて、人手不足だったので、デザイン学校卒の子

PAGE TOP ↑