マラソン大会、ロング走のインナーウェアの必要性。肌を守る機能あり

公開日: : 最終更新日:2016/10/13 アクセサリー, コラム

マラソン大会などで、Tシャツ1枚で下着をつけずに長距離を走ると、Tシャツが乳首に擦れて、ヒリヒリします。

最初は絆創膏をつけていたのですが、走るたびにつけるのはどうも・・・。

マラソン大会では、ランニング用のニップルを購入し使用しましたが、途中で剥がれそうなので、上からさらにテーピングしていました。

長距離を走る度に、乳首にニップルを貼る作業が非常に虚しく感じられ、なんとかならいかと思っていました。

そんな時、ラン友がTシャツの下に着ているインナーウェア(コンプレッションウェア)が目に止まりました。

これなら、肌とインナーウェアがピッタリ圧着して、乳首を守ってくれる。

コンプレッションウェアなので、筋肉をサポートしてくれたり、姿勢を正しくサポートする機能があるので一石二鳥!

もう長距離を走る度に、乳首に、絆創膏やニップルを貼る必要がありません。

夏は袖なしタイプ、冬は長袖タイプと使い分けています。

夏は、袖なしインナーなので、日焼けが気になる方は、アームカバーをすれば、防ぐこともできます。

DSC_0683

今は汗に反応して、暖かくなったりする機能もあるので、冬のランニングには欠かせませんね。

ランニングタイツの下って下着は、履かないでいいのかな?と思い実践したことがあります。

繋ぎ目がないランニングタイツの場合は直接履いても問題ありませんが、

テーピング機能があるCW-Xのレボリューションモデルを下着なしで直接履いたら、裏地の繋ぎ目が擦れて血が出たことがあります。

それ以来、ランニングタイツの下に履くのもインナーブリーフを使用しています。

ランニングは長時間の動作の繰り返しなので、肌を痛めやすいので、インナーウェアも検討してみるのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

富山マラソンの富山県民先行枠にエントリー無事完了

4月1日の正午から富山マラソンの「富山県民先行枠(500名)」の募集が行われました。 仕事中にもか

記事を読む

ランニングキャップよりBuff(ヘッドウェア)の方がフィットしていいかも?

加賀温泉郷マラソンの参加賞に「Buff」というヘッドウェアを頂いた。「Buff」ってなんだろう?と調

記事を読む

冬用ランニングシューズが欲しいと思う雪の日

大腸ポリープ切除後1週間、ランニングを我慢しました。 検査結果も異常がなかったので、今日からランニ

記事を読む

地方から日帰り皇居ラン。ランステはどこ?

日帰りで北陸新幹線「かがやき」にのって東京に行くことになりました。仕事の帰りにちょっと皇居ランができ

記事を読む

C3fitパフォーマンスアームカバー レビュー

マラソンで腕が冷えないようにC3fitパフォーマンスアームカバーを購入しました。腕のアームカバーは走

記事を読む

マラソン大会の写真をスマートフォンで撮影をする時の注意点

マラソン大会の思い出を残すために、写真を走りながら撮っています。 会場に着くと荷物はレース前に預け

記事を読む

no image

40代でもまだまだ走れる

テレビで名古屋ウィメンズマラソンを見ました。 ロシアの選手マリア・コノワロワさんが40代世界最高タ

記事を読む

フルマラソンの脚ができていない。

いままで走ったフルマラソン10回ぐらいを振り返ってみると、最後まで同じペースで走れたことがないです。

記事を読む

コメントを残す

フル3週間前は30km走練習を、レース本番のシミュレーションに。

フルマラソン3週間前に30km走を練習するのが、ランナーの間では一般的

マラソン大会までお酒を辞めたい!コストコのノンアルコールビールがオススメ!

フルマラソンの2カ月前になり、ビールを辞める事にしました。 お正月太

雪解け時期の街中ランは、北側の道を走るのがおすすめ!

雪が降り積もって走れない時期が過ぎ、少し天気が良くなると道路のアスファ

no image
開催日が同じマラソン大会が多すぎて残念。調整できないの?

毎年、参加している「黒部名水マラソン」と「いっちゃんリレーマラソン」の

北陸の冬は雪のため走れない?対策方法は?

北陸に住んでいるランナーって、冬は雪がすごく降っていて走れないと諦めて

PAGE TOP ↑