前のランナーを追い抜くタイミング

スポンサーリンク

大会や練習場では、みなさん自分のペースで走られていると思います。

ずっーと自分のペースで走れればよいのですが、周りにランナーについついペースに載せられ前のランナーを抜かしたりもしますね。

前のランナーを追い抜くケースとしては、

1,レース序盤での混雑や、道幅が狭くて自分のペースが落ちた時。

2,前のランナーのペ―スが自分のペースと同じぐらいなんだけど、ちょっとだけ自分のほうが速いかな?と思った時

3,レース後半で、追い込みのためペースを上げた時

1のケースの場合、ランナーの合間を狙って抜く必要があり、苦労して余計なパワーを使ってしまいそうです。

道の端は、暗黙の了解で追い越し車線みたくなっていますので、道の端を走るのがオススメです。

困るのは、2の同じようなペースなんだけど、ちょっとだけ自分のほうが速いかな?と思った時に、前のランナーを追い抜きたいと思う場合。

僕の場合、追い抜くことは車の追い越しと同じで自分のペースより少し速いペースで追い抜いてしまいます。

少し速いペースで抜くと、そのペースを維持しなければ、またすぐに抜き返されるかもしれないという不安があり、後に退けずオーバーペースで走ってしまいます。

抜かしたばかりなのに、抜き返されるということは、実力以上にがんばってペースをあげたけど、へばってしまってペースが落ちているということ。

ちょっとかっこ悪いですね。

この追い抜きのケースはオーバーペースにつながり、レース後半に影響する可能性があります。

あまり周りのランナーを意識せず自分のペースを守り、無理な追い越しは止めたいですね。

コメント

  1. 黄昏RUN より:

    はじめまして、46歳のサラリーマンです。
    約1年前から走りだし、初マラソンサブ4を目標にしております。大変、楽しく、また勉強になります。
    勝手ながらリンクいたします。
    どうぞ、よろしくお願いします。

    • メタボおやじメタボおやじ より:

      リンクありがとうございます。
      私の方も「黄昏RUN」のページにリンクを貼らせていただきました。
      書いている内容は、自分が感じたことなので、正しいかはわかりませんが、
      お互いサブ4目指してがんばりましょう!

タイトルとURLをコピーしました