みんなで走ることのメリット。ペースやフォームを学べる。

スポンサーリンク

いつも1人で帰宅ランや、スポット練習を何も考えず黙々と走っています。

ランニングクラブにも所属してないので、みんなで走ることはあまりありません。

大勢で走るのは、大会ぐらいでしょうか?

なので、今回参加したマラソン練習会では、いろんな人と走ることになり、いつもと違う雰囲気になります。

みんなで走ることのメリットについて考えてみました。

6994e927b05d7f7a743b5597bd91c9c2_s

一定のペースで走れる

練習会はペースメーカーがついているため一定のペースをキープしてくれます。

おかげで、急な加速、減速がなく無理な負荷がかからないので長く走れます。

ペースを身体に覚える意味でもいいなと思います。

他の人のフォームを学べる

集団で走る時のポジショニングは、後方で走るといいことがありました。

前に走る人のいろんなフォームが見えてきます。

いいなーと思った人のフォームは、肩甲骨が使えてて、小刻なピッチは、回転数も多く、動きにキレがありました。

その方は、最後に自分のペースで走る場面で、あっという間に加速し、見えなくなりました。

ピッチ走行だと疲れが溜まりにくいようです。

長く走れる

1人で30km走を計画しますが、何かと理由をつけて中止にしたり、目標距離を妥協したりしてしまいます。

みんなで走ると目標に向かって最後までやり遂げやすくなります。

30km走練習会があることに感謝!毎月あれば参加したいですね!

楽しく走れる

話をしながら走っていると(キロ5分50秒ペースで話をしながら走れる方々も凄いですが)気が紛れ、時間も早く立ちます。

走りながらで給水のコップの取り方、飲み方を練習しました。

金さんがテレビで教えてくれた内容ですが、実際に練習するのは初めて。

やはりむせましたが、本番前に体験できてよかったです。

 

以上、1人で走るのもいいけど、たまにはみんなで走るのもいい刺激なりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました