フルマラソンでテーピングの長所と短所

公開日: : 最終更新日:2017/03/20 テーピング

前回のフルマラソン「マラソンに挑戦する会」で膝にテーピングをして走りました。

周りのランナーもテーピングしておられる方々が何人かいました。

走り終えて結果は残念なタイムでしたが、テーピングした膝は、疲れ知らず!

毎回レース後は、膝がガクガクになるのに、なんともありません。

テーピングの長所

ケガをしているからつけているのではありません。

最初は、わからなくて「あの人、あんなにテーピングして痛々しいなー。

あそこまでして走らなくてもいいのにー」と、のんきに思っていました(笑)

テーピングの効果として、怪我や、痛くなるのを予防するためにつけているのです。

筋肉がぶれない、固定されていることで安定するので疲れにくいとといったメリットがあります。

マラソンにはキネシオテープが良いみたいです。

キネシオテープは、伸縮性があるので、筋肉の動きをサポートする働きがあります。

最近のテーピングは、色んなカラーがあり、ファッションとしてもいいですね。

リレーマラソンなんか走る時に注目されるのでは?

テーピングの短所

テーピングで逆にケガをするのは僕だけでしょうか?

今回のフルは、気温が高いため、テーピングした膝に、かけ水をしました。

そのせいで粘着力が強まったのか、いつもより長時間張ったせいか、わかりませんが、はがす時は、相当痛いです。

毛深いので張り付いた毛のを抑えながら抜けないようにはがしましたが、あまりに痛いので最後にはハサミで毛を切りながらはがしました。

膝裏の皮膚は、柔らかいためか、皮膚が引っ張られ、剥がす時、皮膚の角質まで剥がれてしまい、痛いです。

毛深い人、皮膚の弱い人には向いていませんね。

テーピングの代替え商品「パワーテープ」

スポットで貼れるファイテンのパワーテープは、粘着力が弱く皮膚の弱い人におススメ!

気になるところに張れば効果がありますよ!

陸上競技用のパワーテープの貼り方

次回のサポートアイテムはどうする?

自分はテーピングが向いていないとわかったので、やはりテーピング機能付きのランニングタイツで挑むしかないかな?

高いから冬のボーナスでたら考えます。

それか、筋肉を鍛え疲れ知らすレベルまでもっていければと思いますが、むーりーって感じです。

追伸 結局、CW-Xジェネレーターモデル購入しました。

関連記事 ランニングタイツCW-Xを思わずポチッと・・・

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ランニングタイツの代わりにランニング用テーピング

テーピング機能付ランニングタイツ(cw-xなど)は、お値段が高いですよね〜。気軽に購入ができません。

記事を読む

Comment

コメントを残す

ウルトラマラソン1週間後、練習を再開するもペースが遅く、足の甲が腫れ休養。

白山白川郷ウルトラマラソン70kmより1週間が経過しました。 ウルト

スマホアプリStravaで走ってみてレビュー。

GPSウォッチが壊れたので、スマホアプリ「Strava」を使い走ること

初ウルトラマラソン、第5回 白山白川郷ウルトラマラソン

いつかは走りたい!と思っていたウルトラマラソン70km(制限時間10時

越中八尾おわら風の盆の間は電車が混むので帰宅ラン

毎年9月1日~3日まで、越中八尾おわら風の盆が開催されます。 昼夜3

雨の中、傘を差しなら帰宅ランニングをする。

雨が降ると普通は走らないほうが良いのですが、傘を差してまで走る人もいる

  • LINE@始めました。

    友だち追加



PAGE TOP ↑