鎖骨骨折プレート除去手術を半年後に受けました。

スポンサーリンク

鎖骨骨折から半年後、骨がくっくつまで補助するプレートの除去手術を行いました。

半年間は、肩にプレートが埋め込まれているため違和感を感じ、腕も90度以上は、上げれない状態でした。

鎖骨骨折、プレートが埋め込まれている
スポンサーリンク

プレート除去手術までのスケジュール

■鎖骨骨折から半年後の診察

術後の状態の診る定期診察を受けました。

レントゲンで骨が、しっかりくっついていることを確認。

プレート除去手術の予定日を決めました。

肩の骨にひっかけてあるプレートが、肩の骨が削ってしまうので除去手術は必要と宣告。

■入院3日前検診

手術の説明、身体検査するため会社は半休しました。

身長が1.5cm縮んでいてショック・・・。

骨折が原因ではなく、歳をとって縮んだようです。

入院スケジュール

入院は2泊3日(木・金・土)のスケジュール。

会社は2日有休を使いました。

■入院1日目(手術前日)

朝10時に病院に到着。

特にすることがなく、ぼっーとしてます。

入院する必要があるのか?疑問です・・・。

夕食後、食事制限が始まります。

■入院2日目(手術当日)

昼から手術のため、朝8時から水分制限、

10時から点滴が始まります。

手術は全身麻酔で寝ている間、1時間ぐらいで終わりました。

痛みはないのですが全身麻酔で気持ち悪く、手術後はぐったりして当日はずっーと寝ていました。

全身麻酔は本当に気持ち悪いので、かなり嫌です。

以下、摘出したプレートの写真です。

体の中にこんなチタンプレートが入っていたなんて驚きです。

鎖骨骨折プレート

■入院3日目(退院)

昨日の全身麻酔の気怠さから解放されて、朝から元気いっぱい!

手術の痛みはありません。

化膿どめ点滴後は退院可能でした。

退院後のスケジュール

プレートを除去したことで、半年ぶりに腕を90度以上、上げることができました。

これで、朝礼後のラジオ体操もできるようになりました。

手術費が高くならないように限度額適用申請書を提出します。

■退院後一週間

手術後の傷の様子を検査しに病院へ。

ばっちり傷はふさがっているようで、消毒だけしてガーゼもなく終了です。

■1か月後に経過観察

問題がなければ定期通院終了です。

保険下りるかな?

術名は「骨内異物(挿入物)除去術(鎖骨)」

手術の保険はおりないそうです(泣)。

入院と通院のみはおりるようです。

プレートの違和感が無くなり、やっと元通りの生活に戻れて嬉しいです!

走り込んでマラソン復活しなければ・・・・

関連記事:手術後、傷口保護ガーゼのため、汗をかかないスクワット

コメント

タイトルとURLをコピーしました