手術後、傷口保護ガーゼのため、汗をかかないスクワット

スポンサーリンク

鎖骨骨折してから半年が経ち、骨も再生したので、プレートの除去手術をしました。

プレートを外さないと、腕が90度以上、上げる制限があったため除去することに。

手術後、鎖骨付近に、傷口保護ガーゼ(5枚重ね)+防水保護テープのため、汗をかくことができません。

ガーゼの取り換えは、次の診察の1週間後となるので、走るわけにはいかないですね・・・。

スポンサーリンク

汗をかかない程度のスクワット

汗をかかないスクワット

手術後は、しばらく走れそうもないので、筋トレがメインになりそうです。

ケガの箇所は肩なので、なるべく胴体から下半身の筋トレが必要ですね。

走力維持のため(練習不足でもう走力もありませんが・・・)汗をかかない程度のスクワットをすることにしました。

汗をかかない程度とは、1セットの回数を少なめにして、時間をおいてセット数を増やすなど、工夫が必要です。

涼しい部屋でするとか、涼しい服装(Tシャツ1枚)でするとか、場所の条件も必要ですね。

汗をかいた=筋肉がつくではないので、小刻みにスクワットするのもありだともいます。

入院太りにも効果的なスクワット

入院中、病室で体を動かすこともなく、バランスの取れた食事を3食いただくことで、かなり太ってしまいました。

病気なら普通痩せるような気がしますが、太って退院するとは・・・

ダイエット目的でもスクワットは、効果的で、大きな筋肉を鍛えることができ、結果、基礎代謝量があがり、痩せやすい体になるそうです。

ダイエット目的だからといって、汗をかくことが必要ではありません。

汗は水分が出ているだけで、水を飲めばすぐに体重が戻ってしまいます。

入院太りにも効果的なスクワットも、汗をかかない程度スクワット

「1セットの回数を少なめにして、時間をおいてセット数を増やす」

を心がけましょう!

関連記事:ランニングのため、体幹トレーニング、筋トレを実施

コメント

タイトルとURLをコピーしました