ランニング後、足の疲れが抜けない時のマッサージ

走り込みが続くと足の疲れがなかなか抜けないことがあります。

そんなときには、自分で足をマッサージします。

以前にスポーツデポでNIKEのシューズを販売していたお兄さんにマッサージ方法を教えてもらいました。

そのお兄さんは、以前は実業団の選手だったそうな。

それは、良いことを聞いた。

以下は、お見苦しいですが僕の毛むくじゃらの足でマッサージの様子を公開します。

マッサージはつま先から始めて、太ももまで

①つま先周辺のマッサージ。

足の指に沿って骨(中足骨)の間を親指で強く押します。

①つま先周辺のマッサージ。

骨の間、4箇所すべて同じようにマッサージします。

これが痛かったら、疲れがたまっている証拠らしい。

②足の指の間のマッサージ

②足の指の間のマッサージ

足の指の間に手の指を入れます。

しかし、なかなか指が入りません。

指のストレッチみたい?

③足の裏マッサージ

③足の裏マッサージ

土踏まずのところに筋が一本張った場所があるので、そこをマッサージ。

もう片方の手で、足の指を上に反らすと、土踏まずの筋が浮き上がりますのでわかりやすいです。

④アキレス腱をマッサージ

④アキレス腱をマッサージ

アキレス腱はランニングで痛めやすいので、念入りにマッサージします。

⑤ふくらはぎ部分を一直線にマッサージ。

⑤ふくらはぎ部分を一直線にマッサージ。

アキレス腱側から膝にかけてふくらはぎ部分を順番にマッサージします。

⑥すねの外側を一直線にマッサージ

⑥すねの外側を一直線にマッサージ

足の甲から膝にかけて、すねの外側を順番にマッサージします。

NIKEのお兄さんが言うには、ここは結構重要らしいです。

確かに疲れていると痛いかも?

⑦ふともも外側をマッサージ

ふとももの外側、膝の近くにも1本筋がある場所がありますので、そこをマッサージします。

まとめ

ランニング後の整備体操とは別に、足が疲れているかな?と思う時だけマッサージしています。

お風呂の中でするとより効果的かも?

最近は、ランニングの疲労回復、痛み、マッサージに。オムロン 低周波治療器 エレパルスも併用しています。

関連記事:ランニングの疲労回復、痛み、マッサージに。オムロン 低周波治療器 エレパルス HV-F128

HV-F128

コメント