疲労抜きランニング。ゆっくり走ってマッサージ

スポンサーリンク

週末トレミで18km(5:40分/km)を傾斜3度で走り、次の日は帰宅ランで7km(6:00分/km)ぐらいで走りました。

もう足がガタガタで、疲労がすごい。

このレベルでは、3月15日の能登マラソンでのサブ4も怪しいかな・・・。

さすがに疲れているので今日はJRで帰ろうかな?

外、晴れているけど、この足で走れるかな?

と悩みながら残業しているうちに、乗り継ぎの良い電車が行ってしまい走るしか選択肢がなくなってしまった・・・。

最終電車はあるのだけど、乗り継ぎが1時間もあり、どう考えったって走ったほうが早く帰れる。

今日はゆっくり走しろう!

ゆっくり走るけど前回の正しいLSD(ピッチ180)はしない。

あれはよけい疲れるから(笑)

ゆっくりJOGでスタート!

足重い。すぐにペースは7:00分/kmになる。

3kmぐらい走ると、膝あたりに電流が流れたみたいに痺れる。

これは初体験かも?やばいかな?

どうしたらいいのかわからないけど歩くのは嫌!

家まであと4kmも気温2℃の中、歩くのは寒すぎる。

負担を少なくするため、歩幅を超狭くしたピッチ走法で、ゆっくり走ることにした。

ペースは8:30分/kmで超遅い。

するとしびれは消え一安心。

たまには音楽を思い「岡村靖幸」のエチケットを聞きながら走る。

仕事で滅入っている時期はなぜか「岡村靖幸」。

ランニングにも合うわ〜。このテンション。ピッチ200bmpぐらいかしら。

その後、ゆっくり走ることで足もずいぶん軽くなり、いつも間にかペースも6:30分/kmまで復活。

ゆっくり走りながら、好きな音楽を聴くと疲労が抜けますね。

帰ったらお風呂でナイキのお兄さんに教えてもらった念入りマッサージをしてずいぶん軽くなりました。

明日からまた走れそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました