何の為に走る?走る理由について考える

公開日: : 最終更新日:2015/08/11 コラム

なんでそんなに走ってるの?何の為に走るの?と聞かれたことがある。

サブ4を目指しているからと、答えたけど本当の走る理由は?

もしサブ4を達成したら、走らなくなるの?

なんで走っているんだろう?

自分が走る理由について考えてみる。

8ae00d5528d30074afc0f50828d5fc74_s

走る理由1「健康」

走り始めた理由は尿酸値を下げるためのダイエット。

おかげで標準値になり目標達成。

最近は走っても、ビールがやめられず、再び尿酸値上昇中!

体重も10kg痩せて標準体型。

走ることで健康になれる。

寿命も少し伸びそう。

脳への血流も上がり、仕事も能率もアップ。気のせいかも?

走る理由2「記録」

最初は100mも走れない。

走ることを続けると少しづつ距離が増えていく。

大会の種目は5km、10km、ハーフ、フルと、どんどん伸びてゆく。

この成長の過程が一番楽しかったかも?

フルマラソンを初めて完走した時は、自分凄い!と感動しました。

ウルトラを走るともっと感動できるかな?

最終目標はウルトラマラソン100km!

今はサブ4を目指すべくタイムを縮めることが目的で少し走るのが辛い・・・。

走る理由3「自分であるために必要なこと」

仕事のストレス、憂鬱な気分から、走ることによってストレスを発散し、前向きになれる。

走っている時だけが自分の時間になれ、落ち着くことができる。

もし、走っていなかった精神的に弱ってしまい病気になっているかも?

仲間ができて競いあったり、新しい道やお店を発見したり、大会で知らない土地にでかけ旅したり、多くの声援に感謝して感動したり、いろんな刺激を得られる。

走ることでいろんな体験ができ自分が形成されている感じがする今日このごろ。

 

走ることが仕事でないので、がんばっても1円にもならないけど、自分であるために走ることは大事なこと。

たぶんずっーと走り続けるんだろうな。

遅いけど(笑)

  •        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

ハーフ前日に禁酒断念。でも記録は自己ベスト。

明日、となみ庄川散居村縦断マラソンのハーフに出場予定です。月曜日から禁酒をしていました。5日間くらい

記事を読む

マラソン大会のチラシやポスターに写るには?

2016年7月2日に開催される「2016能登島ロードレース」のチラシが2015年12月にもう届いてし

記事を読む

子どものインターネット時間制限対策!無線LANでスケジュール登録

小学生の子供が自分の部屋で深夜までYouTubeなど見て困りました。 1日、1時間だけと決めても守

記事を読む

no image

金さんの「3ヶ月でフルマラソン」テーマは サブフォー

今日、facebookで、金さんの投稿を見たところ、なんと!NHK Eテレの趣味Do楽「3ヶ月でフル

記事を読む

楽しんで走る「ジョガー」と、タイムを狙う「ランナー」どっちがいい?

市民ランナーには、ゆっくり楽しんで走る「ジョガー」と、タイムを意識して走る「ランナー」の2種類あると

記事を読む

「サブ4達成のためのマラソン・トレーニング」、よい書籍を購入

本屋で新しいサブ4を目指すマラソンの本を見つけました。その名も「サブ4達成のためのマラソン・トレーニ

記事を読む

雪や雨の日対策!トレッドミルR-16Sを購入してしまった。

北陸は雪の日々が続き走れない。しかも10年に一度の大寒波。まだまだ走れない日が続きそう。 外で

記事を読む

初DNS、さよなら長野マラソン。同日開催の応用情報技術者試験も不合格?

初めてマラソン大会を欠場しました。 ランニング業界用語?ではDNS(DO NOT START)は、

記事を読む

コメントを残す

走りすぎ?足の甲、肩が痛いので整形外科に診察してからマラソン大会に挑もう!

富山マラソン大会3週間前ですが、左足の甲、右肩が痛いので整形外科に行っ

台風や大雪で電車が止まる時どうやって会社に行く?

地方に住んで車を所有していないので、電車通勤しています。 都会に見た

台風シーズン到来。台風の前はランニングのチャンスかも?でもマラソン大会はどーなる?

暑い夏が終わり、やっとトレーニングが再開できる! と思っていたら今度

緑内障で視野が欠けて赤信号が見えない?車の運転大丈夫?

緑内障と診断され10ヵ月が経ちました。 明らかに左目の視野の欠け

心拍数が低くても息切れして走れない。練習不足で筋肉の衰えが原因?

「マラソンに挑戦する会2018」でフルマラソンの部門に参加してきました



PAGE TOP ↑