空中で宙吊りして滑走!ジップラインアドベンチャー立山

公開日: : 最終更新日:2016/10/19

ランニングの記事ではありませんが、一応、足をバタバタさせて空を走ってみました(笑)

「ジップラインアドベンチャー立山」の無料券を2枚をゲット!

ジップラインアドベンチャーとは、森の中に張ったワイヤーを、滑車を使って滑り降りる、スリル満点のアトラクションです。

DSC_0509

さっそく子どもと行ってきました。

受付で、書類を書いて提出。お食事の補助券をいただきました。

係の人に説明を受け、貴重品はロッカーに。

装備できる持ち物は、ドリンク、カメラなど限られます。

時間になると、インストラクターの方に装備の指導教わり、

6人グループに分けられ、隊長を選出。

隊長は、一番最初に行って後続するみんなをフォローします。結構大変そう。

いざゴンドラを乗って山頂へ!まさか、山頂から麓まで滑るのか?

DSC_0503

山頂に着くと練習コースで滑車を使い方を学び、滑ってみました。

着地は片足からで、着地後、最後まで走ります。

DSC_0507

さっそく本番コース「日本海ライン」へ!

かなりのスピードがでますが、みんな手を離してポーズを決めています。

着地は、勢いがあまり体制が崩れてしまうところを隊長がフォローします。

「チャレンジライン」

空中での回り方を教わります。

綱に接続するワイヤーをくるくるねじって、手を離すと体が回転しながら滑ることも可能です。

「かもしかライン」

野生のかもしかと目の前に遭遇。最初クマかと思いビビりました。木に足がひっかかりそうなコースなので気をつけて!

DSC_0513

「幸せの鐘」の展望台に到着。

7種類の願いが書かれた柱の1つに触れながら鐘を鳴らすと願いが叶うそうです。

DSC_0518

展望台もあり景色は、紅葉した立山連峰、富山平野、日本海、能登半島を一望でき満喫です。

DSC_0517

「黄金ライン」

希望の方は、金具を背中に付け直し、宙づり状態でダイブします。

スリルがパワーアップし、もう景色楽しむ余裕がありません。

「立山ライン」

最後になりますが、一番高いコース。ここも宙づり状態でダイブ。手でバタバタさせ梶をとりくるくる回転してみました。

帰りもゴンドラに乗って下山しました。

空にはパラグライダーが舞っていて、あれにも乗りたいなー。

 帰りは、補助券をつかいクレープを食べました。

自然の中で大興奮の「ジップラインアドベンチャー立山」は、一度体験しとく価値ありですよ!

  •        
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

no image

東京ディズニーランド、東京ディズニーシー初心者の僕の失敗と次回の攻略

会社の旅行で家族を連れて東京ディズニーランド、ディズニーシー(2dayパスポート)に北陸新幹線で行っ

記事を読む

コメントを残す

ガーミンの4分割、表示項目を変更、更にConnect IQのSingle Run Fieldで5分割+2に!

ガーミンのランニングウォッチで走りながら現在のペースや距離を確認するの

Garmin ForeAthlete935をUSBで充電すると固まるのでデバイスリセット

Garmin ForeAthlete935を充電するとき、iMacのU

ランニングの上下動が多い。フル後半の疲れの原因にも?上下動を抑えるには?

ランニングの用語で「上下動」があります。 上下動とは「足が地面を離れ

BMI25の肥満メタボおやじがフルマラソンに参加した結果

しばらく走るのをやめ、飲み食いばかりしていたらBMI25の肥満領域に突

部活のアップシューズに!アシックスライトレーサーTS7

こどもの部活のアップシューズに!アシックスライトレーサーTS7を購入し



PAGE TOP ↑