フルマラソン、長距離を走ると額に血管が浮く

公開日: : 最終更新日:2016/01/19 ランと体調

フルマラソンや30km走など長距離を走ると、必ず額の血管が浮きでます。

ハーフ以下の種目であれば、症状はありません。

血管が浮きでる期間はレース後の2〜3日で、その後は元に戻ります。

普段は浮いていないので病気ではないと思いますが、なぜ長距離を走ると額に血管が浮くのでしょう?

※以下は、調べてみて、自分なりの解釈を述べています。あくまで個人の考えなので・・・

1、運動したため、脳への血管が開いている。

ランニングをすると一時的に血流が増え、血管が開くと書いてありました。

でも、ハーフぐらいまでなら走っても額の血管が浮かないので、どうでしょうか?

2、ストレス、緊張、興奮などで血管が浮き上がる。

走るのは好きだけど、長距離走は辛い状態が何時間も続きます。

精神的、肉体的にもダメージが大きくストレスを感じているのかもしれません。

長距離走も後半になると、頭がボッーすることもしばしばあります。

脳が必要とするブドウ糖のエネルギー不足が起こり、確保するために血流が上がるため血管が浮き出るのかもしれませんね。

対策として

血管が浮き出ない程度の練習の強度を少しづつ上げていき、慣れれば大丈夫かな?と勝手に思っています。

練習強度を上げるためには、心拍数で自分の状態を把握する方法があります。

心拍数を測るランニングウォッチは、EPSONの「WristableGPS」の腕時計。

腕に装着するだけで心拍数も測れるらしいので、いいなーと思います。

ガーミンだと、胸に「ハートレートモニター」を装着し、毎回ベルトを洗濯する手間があるので大変ですものね。

練習強度を確かめながら無理せず、走ろうと思います。

ワークアウト

内 容 トレミ ミドル走
距 離 12 km
タイム 1時間53分00秒  9.9 km/h (06’05 /km)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

暑い夏のランニング後は水シャワーで冷やして疲労回復

7~8月は、走るには暑くてとても日中は走れません。 30℃以上の気温があると、熱中症になりそうで日

記事を読む

貧血で鉄分不足だから、マラソンで持久力が足りないの?

健康診断で貧血ぎみと診断されました。「血色素量(ヘモグロビン)」が基準値より少ないとのこと。ランナー

記事を読む

カイロプラクティックでランニングフォーム改善?骨盤の歪み、猫背を治す。

無料でカイロプラクティックを受ける機会があったので、はじめて参加しました。 カイロプラクティックっ

記事を読む

マラソン大会前のコーヒーはバリスタでカフェインレスコーヒーがおすすめ!

マラソン中のトイレは時間のロスになるので、したいくないですね。 かといって、水分を控えると脱水症状

記事を読む

足の爪が内出血して黒いのは、ランニングシューズがあっていない?

ランニングのトレーニング時間が長くなるにつれ、足の爪が内出血して黒くなりました。最初は多少痛みがあり

記事を読む

冬のランニングの水分補給

冬のランニングは、寒いのであまり水分を取らなくても走れそうな気がしますが、意外と汗はかいています。

記事を読む

マラソンで汗をかき塩を吹くのって?

汗っかきな体質の僕は、走るとすぐに全身から汗が吹き出します。フルマラソンや30km走では、序盤に汗を

記事を読む

ランニング後、足の疲れが抜けない時のマッサージ

走り込みが続くと足の疲れがなかなか抜けないことがあります。そんなときには、自分で足をマッサージします

記事を読む

コメントを残す

50m防水のGARMIN(ガーミン) ForeAthleteをつけたままでプールで泳いだら壊れた。

うっかりGARMIN(ガーミン) ForeAthlete225Jを身に

暑い夏のランニング後は水シャワーで冷やして疲労回復

7~8月は、走るには暑くてとても日中は走れません。 30℃以上の気温

no image
ランナーズマイスター初級に合格しました。正しいランニング知識を習得!

一般財団法人アールビーズスポーツ財団の「ランナーズマイスター養成講座」

ランニングシューズ On Cloud(オン クラウド)をレビュー

ランニングシューズOn Cloud(オン クラウド)を購入しました。

ロング走の水分補給の持ち運びに!NIKEスクイズボトル(水筒)

ランニング用にNIKEスクイズボトル(水筒)を購入しました。 短


PAGE TOP ↑