ポップコーンメーカー(クイジナート)を購入。子どもが多い家はおすすめ!

スポンサーリンク

家庭用のポップコーンメーカー(クイジナート)CPM-700PCJを購入しました。

家族はポップコーンが大好きで、コストコで値引きしていたのでついつい買っちゃいました。

幅は30cmぐらいで高さは結構あります。

毎日、使うので収納せず出しっぱなしで使用しています。

気になるポップコーンの仕上がり量は付属のカップ一杯でボウル満杯になります。

家族にも大好評で、子どもの友達にも喜ばれてます。

コーンは少量でも、たくさんのポップコーンができるので節約にもなりますね!

ポップコーンメーカー(クイジナート)で、ポップコーンを作ってみる。

ポップコーンはコストコのポップコーン 3.63kg Orville Redenbacher’sを使用します。

すごく量が多いので毎日食べても大丈夫!

なかなか無くなりません。

ますば、ポップコーンメーカーの蓋を開けて、サラダオイルを大さじ一杯を底にひきます。

そこにポップコーンを付属の計量カップ1杯分いれます。

計量カップにいれた段階では量が少ないけど大丈夫?

蓋を開けて底にコーンを敷きます。

蓋をかぶせて、横にあるスイッチを押して、調理開始!

調理台が熱されてコーンがぐるぐる回ります。

調理開始から3分後ぐらいから「ポーン」って音が鳴りコーンがはじけ始めます。

コーンがはじける様子があまりにも楽しいので動画で撮影してみました。

もう、大人も子どもも大喜びです(笑)

音が鳴りやむタイミングで、すぐに電源を切らないと、すぐに焦げてしまうので注意が必要です。

少量のコーンから、こんなに大量のポップコーンができるなんて、驚きですね。

ポップコーン屋さんの原価っていくらなの?と思うくらい安いのではないかと思います。

続いては味付け。

そのままでは、全く味がしないので、塩を混ぜます。

まずは、大きいビニール袋に、ポップコーンを入れ替え、塩を適用いれます。

後は、塩が全体になじむように振るだけ。

後はボウルに移し替えて出来上がりです。

 

キャラメルポップコーンを作ってみた。

キャラメルポップコーンはどうやって作るのだろう?と検索してみると、森永ミルクキャラメルで作れました。

森永ミルクキャラメル1箱と牛乳を電子レンジで温めれば、キャラメルソースの出来上がり。

(注意 電子レンジで吹きこぼれる可能性がありますので、見張っててね。)

大きいビニール袋に、ポップコーンとキャラメルソースを入れ、シェイクします。

映画館のポップコーンと同じ味がしました。

こどもたちも大喜びです。

キャラメルポップコーンの作り方

自宅でポップコーンを作るならポップコーンメーカー(クイジナート)

 

出来立ての温かいポップコーンは映画館いるような気分になりますね!

うちはこどもが3人いるのでおやつ代わりになりますし、友達が大勢、遊びにきた時でも大助かり。

さすがに10人ぐらい集まると瞬時に無くなりますが、10分あればできるのでいっぱいつくることができます。

コスト的にもかなり安いので、子どもの多い家庭で役に立ちますね!

逆に少人数の家庭では、いっぱいできるので、余ってしまうこともありえます。

食費が高いご家庭では毎日のおやつ代わりに、是非ポップコーンメーカー(クイジナート)はお勧めの商品です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました