通勤の電車の中でマラソンのための筋トレ「カーフレイズ」

スポンサーリンク

毎朝、電車で通勤してますが、満員電車でなかなか座れません。

いつも立ったままの状態で電車には約30分ぐらい乗っています。

DSC_0454

立っているだけでも多少は、足や腹筋のトレーニングになると思いますが、もっとランニングの持久力、スピート向上のために、他に良い方法はないかと思い、つま先立ちをすることにしました。

「カーフレイズ」という筋トレです。

その場で、かかとを上げたり下げたりすることでふくらはぎの筋肉を鍛えます。

フルマラソンで毎回ふくらはぎが吊るのでカーフレイズを続ければ良いトレーニングになるはず。

ふくらはぎは、下半身の血を上半身に運ぶポンプの働きをし、第2の心臓と呼ばれています。

ふくらはぎをマッサージすると健康にも良いみたいですよ。

僕の場合はさすがに電車の中で、カーフレイズするのは恥ずかしいので、基本つま先立ちですが、人の目を盗んで、たまにカーフレイズをしています(笑)。

効果のほどは、わかりませんが、通勤電車の暇つぶしにもなるし、カーフレイズで、少しでもふくらはぎのトレーニングになればよいかな。

バレエの先生は立っている時は、ずっとつま先立ちをしているという話を聞いたことがあります。

足が細くなり、ふくらはぎの位置が上にあがるそうです。

つま先立ちを続ければカモシカのような足なるのでは?と、足の太い僕は、ちょっと期待しています。

女性なら美ジョガーの美脚づくりにもよいですね。

普段から電車の中でカーフレイズを心がけて習慣化にすれば、自然とふくらはぎが鍛えられるので、改めて筋トレする必要もなくいいですね!

ふくらはぎの筋トレする時間がない人は、ふくらはぎ サポーター の「ZAMST(ザムスト) LC1」がおすすめ!

ふくらはぎをしっかりサポートしてくれます。

関連記事:ZAMSTザムストLC-1 ふくらはぎゲイター レビュー

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました