息子が陸上クラブチームに入会。練習中、自分もジョグで走ることに。

スポンサーリンク

陸上部の息子が重い腰を上げ、ようやくクラブチーム入ることを決意!

このままでは、速く走れないと自覚したらしい。

陸上クラブチーム

練習場まで送迎する親は、ずっーと子供の練習を見ているか、一旦帰って練習が終わるころに迎えにいくかどちらかだ。

練習を見ているのも飽きるし、一旦帰れる距離でもない。

自分も走ろうかな?

スポンサーリンク

練習の間、ジョグで走る

練習中、自分もジョグで走る

息子の練習の間、自分は周辺をジョグで走ることにした。

1年前にクロスバイクで鎖骨骨折して以来、走るのが億劫になっていたが、再開するのによい機会になった。

息子が頑張って走っているのだから、親も頑張って走るのが正しく思えた。

息子は短距離で、僕はマラソンなので、全然種目やフォームが違うが、走ることに違いがない。

とはいうものの、子どもからは、恥ずかしいから練習についてくるな!と言われているので、練習場の外で、走るしか時間が潰せないかな?という結果になったのも事実である。

短距離走のアドバイスしたい!

クラブチームに入ったのだから、コーチに任せておけば間違いないとは思うが、さすがに親からも正しい指導がしたい!

部活とクラブチーム、大会の調整もあるし、会話でフォームのアドバイスができればと思い以下の本を購入しました。

著者は、100m記録保持者のウサイン・ボルトと、同じチームで練習して、1秒短縮したらしいです。

本には動画へのリンクも掲載されていて、わかりやすく学ぶことができました。

子供には動画のリンク集を送ったので、自主トレーニングに生かしてほしいです。

YouTubeでも「【走りの学校】足の速さは才能じゃない!!」という公式チャンネルがあるので、短距離走を早く走りたい学生は要チェックですね!

関連記事:陸上部の初め、次のスパイクシューズは、どれを買えばいい?

成長期応援サプリ「ノビルン」身長伸びるん?お得な定期購入の紹介

コメント