ランニングキャップよりBuff(ヘッドウェア)の方がフィットしていいかも?

公開日: : アクセサリー

加賀温泉郷マラソンの参加賞に「Buff」というヘッドウェアを頂いた。

「Buff」ってなんだろう?と調べてみると、キャップ、ネックウォーマー、ヘアバウンドなど、いろいろ変化して使用できる布です。

スペイン生まれで、発売以降70カ国で愛されているヒット商品だそうです。

縫い目のないチューブ型の布で、通気性がよく、抗菌防臭が施されているのでランニングにはもってこいですね。

使い方は以下のサイト、動画から確認できます。

オフィシャルサイト:https://buff.jp/howtouse.html

Buffを被ってみた。

触ってみると、生地が薄くて、つるつるして伸縮性があります。

かぶってみると、お好み焼き屋さんの店員みたいで、なかなか味がありいいかも?

DSC_0232

加賀温泉郷マラソンオリジナルBuffだったので、ちょっとデザインが和風です。

顔面丸出しになるので 似合えばいいですが、好みがわかれそうです。

Buffをキャップにしてかぶり走ってみた。

重さは、ランニングキャップより軽いです。

かぶり心地は、伸縮性があるのでぴったりフィットします。

走行中、風で飛ばされる心配もありません。

ぴったりフィットしているので汗止めにもなるところがいいですね!

通気性もいいので蒸れないし、直射日光も遮ってくれます。

ターバンのように使うと、後方からの直射日光も遮ってくれるので、首の後ろの日焼けどめにもなり、長時間走るフルマラソンではいいかも。

DSC_0233

良いことばかりのBuffですが、帽子のつばがないので前方からの直射日光は、遮ることはできません。

僕は帽子を後ろ向きにかぶる(帽子のつばも後ろ)ので、Buffの方が合っているようです。

マラソン大会では、Buffをかぶり、その上にジバニャンの仮装をしようと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ガーミンForeAthlete 225Jをレビュー

ForeAthlete 10Jがフルマラソンで電池切れになるので、GPS+光学心拍計で10時間稼働可

記事を読む

走れるスポーツメガネ(サングラス)ゾフアスリート(Zoff Athlete)

メガネをかけている僕は、ランニングの時も普段と同じ普通のメガネで走っていました。しばらく走ると汗で、

記事を読む

マラソン大会の仮装コスプレは妖怪ウォッチ、ジバニャン

魚津しんきろうマラソンで応援する側を経験し、いかに仮装した人が注目され、応援しやすいかわかりました。

記事を読む

ランニングソックス Tabio レーシングラン・プロをフルマラソンで使用してレビュー

いままではフルマラソンのランニングソックスとしてTabioの5本指ソックス「レーシングラン」を使用し

記事を読む

雪や雨の日対策!トレッドミルR-16Sを購入してしまった。

北陸は雪の日々が続き走れない。しかも10年に一度の大寒波。まだまだ走れない日が続きそう。 外で

記事を読む

自宅でトレッドミル(ランニングマシーン)の長所と短所

自宅でトレッドミル(ランニングマシーン)イグニオIGNIOトレッドミルR-16Sを購入して走っていま

記事を読む

イグニオIGNIOトレッドミルR-16S初レビュー

昨日イグニオ IGNIOトレッドミルR-16Sのセッティングが完了したので走ってみました。 朝から

記事を読む

ファイテン(phiten) RAKUWAアンクレットS 効果は?

通勤ランを始めてから、足への負担が多くなり、朝起きると足裏がじんじんしている日が続きました。疲労が抜

記事を読む

コメントを残す

ウルトラマラソン1週間後、練習を再開するもペースが遅く、足の甲が腫れ休養。

白山白川郷ウルトラマラソン70kmより1週間が経過しました。 ウルト

スマホアプリStravaで走ってみてレビュー。

GPSウォッチが壊れたので、スマホアプリ「Strava」を使い走ること

初ウルトラマラソン、第5回 白山白川郷ウルトラマラソン

いつかは走りたい!と思っていたウルトラマラソン70km(制限時間10時

越中八尾おわら風の盆の間は電車が混むので帰宅ラン

毎年9月1日~3日まで、越中八尾おわら風の盆が開催されます。 昼夜3

雨の中、傘を差しなら帰宅ランニングをする。

雨が降ると普通は走らないほうが良いのですが、傘を差してまで走る人もいる

  • LINE@始めました。

    友だち追加



PAGE TOP ↑