暑い!水分塩分不足!第11回とやま清流マラソン 足が吊りリタイヤ

スポンサーリンク

4回目のフルマラソンにチャレンジ!

今度こそはサブ4!と調整もバッチリな状態で望んだ、「第11回とやま清流マラソン」。

10330224_671435769593027_2035689800052285098_n

参加人数は1000人ぐらいのこじんまりとした大会で神通川河川敷を14Kmを3周します。

エントリー料も5,000円と低価格に抑えられているのがいいですね。

立山連峰を眺めながら、ところどころ木陰もあり、周回なのでペースもつかみやすいです。

ただ同じコースを3周も走るとさすがに飽きてしまいますが・・・。

エイドは充実しており、富山名物のますの寿しもいただけます。

ただこの日は、気温が25℃もあり、この時期にしては暑い!何着て行こう?と思いサポートタイツを履くのをやめ、素足で走りました。

これが失敗の原因につながるとは・・・。

スタートからずっーとキロ5分30秒のいいペースで走りました。

けど、魔の30km地点で失速。

32km地点で足が吊り、座り込んだとたん、ふくらはぎが痙攣。

そのまま寝そべって、休みましたが治る気配がありません。

1度、足が吊ってしまうと、レース復帰は難しいですね。

結局32km地点でリタイア、走った時間は3時間ぐらいです。

足が吊ったのは、暑さのため、水分塩分不足になったのではないかと思います。

その後、何人かのランナー、スタッフに声かけ、痙攣止め薬までいただきました。

本当にありがとうございます。

大会ゲストの寛平チャンの応援、周回時の輪ゴム通し。

埼玉県庁の偽川内、M高史さんとのハイタッチ楽しめました。

10348552_671435726259698_6154011891363237929_n

10402672_671435742926363_7059876071434236491_n

結果からすると、課題の残る大会でした。

暑さで多くの汗と水分が体からでてしまい、ふくらはぎが痙攣したのだろうと思います。

その証拠に、顔中塩だらけで、塩分補給の重要性がわかりました。

レース中、塩分補給のために「塩熱サプリ」を購入したほうが良かったです。

あと、マラソンの脚ができていないので、暑くてもサポートタイツは必要でした。

大会自体は楽しめたので、また来年参加したいです。

参加賞のソックスのサイズが選択できればいいのになー。

そいえば、途中でリタイヤしてしまうと、記録表がもらえないのですね・・・。残念です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました