LiveRunのドロップセットインターバルランで脂肪燃焼、心拍強化

スポンサーリンク

富山マラソン終了後、一週間が過ぎ疲れも回復しました。

一週間練習しなかったため、ガーミンコネクトのトレーニングステータスが「ディトレーニング」に。

トレーニング負荷も「低」で、このレベルだと向上が出来ませんという表示が。

ディトレーニング

これは、そろそろ走らないと、これまでのトレーニングが、無駄になりそうです。

スポンサーリンク

LiveRunのドロップセットインターバルラン

LiveRunでkarenトレーナーの「30min ドロップセットインターバルラン」に参加しました。

回復直後にインターバル走とは、大変そうです。

ドロップセットインターバルランの内容

最初の10分間は、体を温めるためにウォームアップジョグをします。

次にインターバル走が始まります。

最初は50秒のダッシユをしてその後50秒のジョグ。

同じ要領で、40秒、30秒、20秒、10秒とインターバル走があり、これが1セットです。

これを2セット実施しました。

1セット目は、なんとか走れたのですが、2セット目は、疲れはてボロボロです。

いやー心拍数上がるわ~。

久しぶりにマジダッシュして、足裏が痛めてしまいました。

準備運動は、大事ですね。

最後の10分はクールダウンジョグになります。

ドロップセットインターバルランの効果は?

普通のジョグよりカロリーと脂肪を燃焼します。

心肺機能の向上が見込まれます。

LiveRunのインタバール走の良いところ

インターバル走は正直、苦手で、なかなか一人では続けることができません。

しかしLiveRunならトレーナーの声掛けもあり、楽しくインターバルトレーニングすることができますのでオススメですよ!

リカバリー

一週間ぶりにキツイ、インターバル走を、したおかげで、ガーミンコネクトのトレーニングステータスが「リカバリー」に回復!

トレーニング負荷も「中」になり、トレーニング効果も継続していけそうです。

関連記事:LIVERUNアプリで楽しみながらバーチャルマラソンしよう!

コメント