ロング走、フルマラソンでランニングタイツ CW-X ジェネレーターモデルをレビュー

スポンサーリンク

下半身のサポート力が強いランニングタイツ CW-X ジェネレーターモデルを履いて、ロング走をすることにしました。

ロング走のペースはゆっくりのキロ6分25秒ぐらいで30キロを目標に、走ってみました。

(シーダブルエックス)CW-X メンズ ジェネレーターモデル クールタイプ スポーツタイツ ロ(BK-ブラック、S)
CW-X(シーダブリューエックス)/ワコール

CW-X ジェネレーター モデルで走ってみた感想

走りだしは、タイツのゴワつき感が気になりましたが、しばらく走ると足に馴染み問題なく走れました。

いつもなら15キロぐらいから、膝に多少の違和感が出始めるのですがなんともありません。

20km、25kmと距離を伸ばしても膝の感じは良好なままです。

30kmまでいけるか?と思いましたが、水分補給がなくなったのと、日が暮れ寒くなってきたので、25kmであきらめました。

ゆっくりジョグなので、評価の参考になるかわかりませんが、走り終えた後、どこも痛くありませんし、筋肉の張りもありません。

いつもの練習では、もう少しペースが早くてハーフぐらいの距離を走りますが、膝の関節に違和感、ふくらはぎに張りがでます。

CW-X ジェネレーターモデルを装着すると、あきらかにサポート力があり、ダメージを軽減してくれるといってよいでしょう。

CW-X ジェネレーターモデルの装着の仕方

締めつけが強いので履くときにコツが必要です。

椅子に座り、まず膝までタイツを足に通します。

次に、テーピング機能が付いているので、膝の下にテーピング部分のデザインを合わせて、シワにならないように伸ばします。

正しく装着しないとせっかっくのテーピング機能が発揮できないそうです。

ランニングタイツ CW-X ジェネレーターモデル

走る時だけ身につけて、サイズは慎重に選んで。

フルマラソンで1度使用した時のことですが、家を出発するときに装着して、走り終わるまでの10時間ぐらい履いていました。

すると、締めつけが強いせいか、両足のアキレス腱の皮がめくれていました。

長時間履いたせいでしょうか?

走る時だけ、履いたほうがよいでしょう。

原因はサイズが小さすぎたせいかも?

165cmで60kgぐらいですが、Sサイズを購入していました。

Mサイズが妥当だったかな?

締めつけが強いので、試し履きしたほうが良いですね。

今後の使用について

練習でこのタイツを履き、サポート力に頼りすぎて足が鍛えられないのもどうかと思いますので、大会のみに装着しようかなと思いました。

速いスピートで走る人は、すこしは可動域が制限されるのではないか?と思いますので、練習で装着し、本番は生足でとかでも良いかもしれませんね。

関連記事:履いてみた。ランニングタイツ CW-X ジェネレーターモデル

メーカーサイト:CW-X スポーツタイツ

コメント

  1. […] 関連記事:ロング走でCW-X ジェネレーターモデルをレビュー […]

タイトルとURLをコピーしました