苦手な坂道を克服!坂道、峠走の走リ方を復習。

スポンサーリンク

坂道、峠の多い能登和倉万葉マラソンまでもうわずか!

この大会は前半の坂道が多いので、体力を奪われますね。

以前、金さんの番組で、いびがわマラソンに向けて、坂道での走り方が紹介されていました。

大会直前の今、おさらいをして、サブ4を目指したいと思います。

b27ad7c20098e3c4f540bdc8d0427d78_s

上り坂の走り方

・前傾姿勢を深くし、前に倒れ込む推進力で進むます。

・前の走者のカカトあたりに目線をむける。

・足を疲れさせないため、ストライドを短くし、すり足で走ります。

・腕を下げて、後ろに強く引く。→足の踏み込みが強くなり、上り坂でもグイグイ前に進むことができます。

・あごを引いて上を見ない。上を見ると、坂への斜面が気になり、まだ、上り坂が続くの?と、精神的にもつらいですね!

・登り始め、途中、頂上で深く深呼吸をする。深く呼吸するこで新鮮な空気を取り込み、心拍数を下げる効果も。

下り坂の走り方

・腕の降りをコンパクトに。もしくは、腕は降らないで、肩だけ動かす。下り坂だと自然と足がでるので、腕振りはいらない。

・足に負担がかからないように歩幅を小さくする。下り坂でスピードがでると、足にきますから、調整が必要です。

・かかとから入るとブレーキがかかるので、つま先からの着地を心がける。

日頃から、坂道や峠走を練習しておくと、大会でも効果がありそうです。

上り坂は、坂道ダッシュして追い込んだ練習をすれば、マラソン後半の持久力アップにもつながりますね!

大会で、上り坂がきつい場合、無理に走らなくてもいいのかな?と思います。

無理して足に負担をかけて、吊ってしまっては、レース棄権にもつながりますからね。

能登和倉万葉マラソンでは、30kmまで坂道が続くのでいかに抑えて、残り12kmでペースアップできるか。

今回は、ネガティブスプリットで挑むぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました