夏のランニングのインナーやタイツはどうする?サポート力 or 暑さ対策?

公開日: : 最終更新日:2016/01/08 ランニング対策

暑いシーズンがやってくると、悩むのがランニングのインナーやタイツを着るかどうか?

インナーやタイツを着るとその分、重ね着をするので暑くなり、汗が多く出るため疲労度が増し、さらに脱水症状を起こすことも考えられます。

では、着るのを止めればいいと思いますが、サポート力や肌を守る効果も捨てがたいところ。

練習であれば、身につけない方が、負荷を多めにかけられるので、練習になるかなーと思います。

暑い時期の大会は、なるべく記録更新を狙いたいので、サポート力のあるタイツが着たほうがいいような気も・・・。

考えた結果、自分はこうしようかなと思いました。

大会でのランニング用インナーやタイツ

上半身に着るインナーは要らない。

DSC_0683

上半身用コンプレッションインナーは、姿勢を正す効果がありますが、それ以上に暑さのダメージが大きいかも?

コンプレッションインナーは、乳首が擦れるのを守ってくれるのに役立ちますが、夏は、バンドエイドや、男性用ニップルを乳首に貼って、肌の擦れ対策をしようと思います。

 

足に履くタイツは、ゲイターもしくはハーフタイツを使用。

マラソンの脚の筋肉ができている人はサポートタイツを履く必要はありませんが、普通の市民ランナーは、なかなかその域にまでいけません。

なので、ふくらはぎがつる人にはゲイター、太ももに負荷がかかる人にはハーフタイツなどを使用したほうが、長距離でも足が持つと思います。

DSC_0674

ちなみに僕は、暑くてもフルマラソンには、CW-Xジェネレーターモデル(ロング)を使用しています。

ハーフまでならゲイターでもいいかと思いますが、フルは足にきますから。

まとめ

夏でも、ランニングのインナーやタイツは必要に応じ着用したほうがいいかなと思いました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

冬のネックウォーマーとアームウォーマーのランニングでの使い方

冬の練習やマラソン大会で、防寒グッズの役立つ使い方をご紹介します。 ネックウォーマーは帽子がわり?

記事を読む

夏のロング走の準備はOK、でも暑くて断念。

週末はロング走(20km)をするスケジュール。日中は30℃を超す暑さなので、とても走れない。朝早く起

記事を読む

雨の日のランニング。雨雲レーダーで小雨なら走る!

雨の日のランニングって走りたいけどテンションが下がるし、風邪を引きそうなのでなるべく走りません。

記事を読む

北陸の冬は雪のため走れない?対策方法は?

北陸に住んでいるランナーって、冬は雪がすごく降っていて走れないと諦めている方も多いのではないでしょう

記事を読む

お盆太り解消!夏の呉羽山トレイルラン。

お盆の暴飲暴食で2kg太った体を戻すべく、最終日は20kmのロング走実施。前回のロング走で、真夏日の

記事を読む

雪解け時期の街中ランは、北側の道を走るのがおすすめ!

雪が降り積もって走れない時期が過ぎ、少し天気が良くなると道路のアスファルトが顔を出し始めます。 そ

記事を読む

no image

「大寒」で超寒いのでユニクロ ヒートテックで帰宅ラン

今日はYシャツの下に白のユニクロ ヒートテックを着て出勤。 JRは満員で座ることができないので、相

記事を読む

エイドの給水で止まらずに飲む方法は?

マラソン大会でエイドの給水は完走するためにはかかせませんね。 脱水症状にならないためにも、こまめな

記事を読む

コメントを残す

通勤ランのバックに3kgの重り(ダンベル)を担いで走る

月刊誌ランナーズに、通勤ランのバックに重りを入れて走ると足が鍛えられ、

Stravaとガーミンコネクトを連携してみる

Stravaはランニングとバイクに特化した共有サイトとスマートフォンア

ポップコーンメーカー(クイジナート)を購入。子どもが多い家はおすすめ!

家庭用のポップコーンメーカー(クイジナート)CPM-700PCJを購入

マラソンでつらくて歩きたくなった時はペップトークで自分を励まそう!

スポーツの世界には、監督が試合前に選手を集めて励ますペップトーク(Pe

第37回魚津しんきろうマラソンのハーフに参加。暑くて海風が強いタフな大会

第37回魚津しんきろうマラソンのハーフの部に参加しました。 この大会

PAGE TOP ↑