ロング走のインナー、コンプレッションウェアの必要性。肌を守る機能あり

公開日: : 最終更新日:2017/08/16 アクセサリー

ロング走でTシャツ1枚で下着をつけずに長距離を走ると、Tシャツが乳首に擦れて、ヒリヒリします。

最初は絆創膏をつけていたのですが、走るたびにつけるのはどうも・・・。

マラソン大会では、ランニング用のニップルを購入し使用しましたが、途中で剥がれそうなので、上からさらにテーピングしていました。

長距離を走る度に、乳首にニップルを貼る作業が非常に虚しく感じられ、なんとかならいかと思っていました。

そんな時、ラン友がTシャツの下に着ているインナーウェア(コンプレッションウェア)が目に止まりました。

これなら、肌とインナーウェアがピッタリ圧着して、乳首を守ってくれる。

コンプレッションウェアなので、筋肉をサポートしてくれたり、姿勢を正しくサポートする機能があるので一石二鳥!

もう長距離を走る度に、乳首に、絆創膏やニップルを貼る必要がありません。

夏は袖なしタイプ、冬は長袖タイプと使い分けています。

夏は、袖なしインナーなので、日焼けが気になる方は、アームカバーをすれば、防ぐこともできます。

DSC_0683

汗に反応して暖かくなる機能のウェアもあるので、冬のランニングには欠かせませんね。

ランニングタイツの下って下着は、履かないでいいのかな?と思い実践したことがあります。

繋ぎ目がないランニングタイツの場合は直接履いても問題ありませんが、

テーピング機能があるCW-Xのレボリューションモデルを下着なしで直接履いたら、裏地の繋ぎ目が擦れて血が出たことがあります。

それ以来、ランニングタイツの下に履くのもインナーブリーフを使用しています。

普段着のパンツをはいて走ると、股の部分が穴だらけになるので、ランニングをするときはインナーブリーフをおススメします。

ランニングは長時間の動作の繰り返しなので、肌を痛めやすいので、インナーウェアも検討してみるのもいいかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ザムストAS-1 ランニングソックスレビュー

広告で「ザムストAS-1でウルトラマラソンを走ると、アーチ部がサポートされているので疲れない。どこま

記事を読む

イグニオIGNIOトレッドミルR-16S初レビュー

昨日イグニオ IGNIOトレッドミルR-16Sのセッティングが完了したので走ってみました。 朝から

記事を読む

ZAMSTザムストLC-1 ふくらはぎゲイター レビュー

フルマラソンで、ふくらはぎが痙攣して途中棄権したことがありました。 5月なのに気温が25℃もあった

記事を読む

ランニングキャップよりBuff(ヘッドウェア)の方がフィットしていいかも?

加賀温泉郷マラソンの参加賞に「Buff」というヘッドウェアを頂いた。「Buff」ってなんだろう?と調

記事を読む

ランナーのためのプロテイン「サバス アクアホエイプロテイン100」で疲労回復

プロテインって筋肉ムキムキになる飲み物?と思っていましたが、ランニング後の疲労回復にも役立つみたいで

記事を読む

履いてみた。ランニングタイツ CW-X ジェネレーターモデル

ショッピングサイトで注文した、「CW-X ジェネレーターモデル」が到着しました。注文から24時間以内

記事を読む

ロング走の水分補給の持ち運びに!NIKEスクイズボトル(水筒)

ランニング用にNIKEスクイズボトル(水筒)を購入しました。 短い距離なら水分補給の必要ありま

記事を読む

ガーミンForeAthleteのGPSで体育館とランニングマシーン(トレッドミル)の屋内トレーニングする。

普段は屋外で使用しているGPSウォッチガーミンForeAthlete 225Jですが、今回は体育館と

記事を読む

コメントを残す

ウルトラマラソン1週間後、練習を再開するもペースが遅く、足の甲が腫れ休養。

白山白川郷ウルトラマラソン70kmより1週間が経過しました。 ウルト

スマホアプリStravaで走ってみてレビュー。

GPSウォッチが壊れたので、スマホアプリ「Strava」を使い走ること

初ウルトラマラソン、第5回 白山白川郷ウルトラマラソン

いつかは走りたい!と思っていたウルトラマラソン70km(制限時間10時

越中八尾おわら風の盆の間は電車が混むので帰宅ラン

毎年9月1日~3日まで、越中八尾おわら風の盆が開催されます。 昼夜3

雨の中、傘を差しなら帰宅ランニングをする。

雨が降ると普通は走らないほうが良いのですが、傘を差してまで走る人もいる

  • LINE@始めました。

    友だち追加



PAGE TOP ↑