GARMIN ForeAthlete 935のベルト交換(22mm)QuickFit対応

スポンサーリンク

GARMIN ForeAthlete 935を5年使い続けて、バンドが切れかかってきました。

時計本体は故障していないのでバンド交換だけ実施します。

ガーミン GARMIN 935のベルト交換
スポンサーリンク

ForeAthlete 935のバンド幅は、22mm

ガーミンは、種類(ForeAthlete、Instinct、fēnixなど)によってバンド幅が違うので、どれを買えば良いか分からない(泣)

調べたところGARMIN ForeAthlete 935のバンド幅は、22mmでした。

同じForeAthleteでも、種類によって幅が違うようなので、注意が必要です。

しかしながら、純正品はかなり料金が高い。

お手頃価格のベルトは?自分でベルト交換できる?

ガーミン純正品は高いので、楽天で安いものを購入!


工具も付属しているので、安心でした。

取り替え方は簡単で10分あれば完了できます。

工具で、片方を固定し、反対側を回しましてネジを緩め、留め具の棒を外します。

GARMIN バンドを取り外し

古い切れたバンドを取り外し、留め具の棒を元に戻し固定します。

あとは、QuickFit対応なので、ベルトの留め具をスライドしてはめるだけ!

QuickFitってなに?ForeAthlete 935は対応している?

QuickFitとは、簡単にベルト交換できるバンドです。

時計本体と、ベルトの繋ぎ目を、スライド式の留め具で装着できる仕組みです。

QuickFit
QuickFit

QuickFit対応だと、毎回、工具で留め直す必要がないので便利ですね!

会社では黒色のベルト、ランニングではカラフルなベルトなど交換でき、気分転換になります。

次回、ベルトが切れた場合でも、簡単取り替えできそうですね!

関連記事:ガーミンForeAthleteが充電できない時は充電ケーブルを買いなおそう!

ガーミンコネクトの使い方をご紹介

コメント